善照寺|真言宗豊山派|新潟県 刈羽・柏崎

本寺〒945-0304新潟県刈羽郡 刈羽村大字寺尾233 電話0257-45-3140メールmandarasan@zenshouji.or.jp 別院〒359-1164  埼玉県所沢市三ヶ島1丁目722-11 電話04-2949-8977

リンク

ご供養・墓苑

 

 

ご供養

供養の方法

供養にはいろいろな方法と、意味があります。供養そのものがまた仏教の教えでもあります。そこで、墓地を例にとって説明いたします。

一家墓地

一家墓地とは

一般的にみなさまがお持ちになっているお墓のイメージです。お寺の中の墓苑にお墓を構え、それを家族や親類が供養し、守っていくタイプのもの。当寺との関係も密接で、深くご信仰・ご供養のお手伝いをさせていただきます。

そして、一家墓地をご希望なさった場合の申し込みの流れは以下の通りです。
まず、現地を見学していただき、好きな区画を決定。その後、手続き書類を提出し、入金を経て、手続きは終了します。

墓苑の詳しい内容につきましては、「墓苑(寿蔵苑)」の項をご覧ください。

こんな方には一家墓地をご推奨いたします

■配偶者、親、親戚、その他ご緑の方の遺骨をお持ちの方。
■お墓の承継者がある方、ご先祖様のお墓を維持していくことができる方。

一家墓地に係るご質問、疑問等お気軽にお問い合わせください。迅速に、そして丁寧に対応させていただきます。

また、過去の宗旨・宗派は問いません。上記に当てはまり、かつ、お墓やご供養のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

永代供養墓

従来からの一家墓地とは違った合葬式の納骨施設(下段写真 観音菩薩)をご希望される方には、永代供養墓をご案内させていただきます。

永代供養とは

基本的に永代供養は本堂の永代供養簿に戒名や各家先祖代々を記し、住職が朝暮のお勤めの際に供養することを言います。毎日供養するものを永代日牌供養、毎月供養するものを永代月牌供養といい、善照寺でも行っています。これに埋葬が伴うものが永代供養つき埋葬です。

このようにいろいろと種類はありますが、永代供養の申し込みをしたからあとは何もしなくていいということではありません。自分でも誠心誠意、供養をし、さらに加えて功徳を積みたいというのが基本の考えです。しかし「高齢でお墓までいくことができない」「後継者がいず自分にもしものことがあったらお墓を維持することができない」等のやむを得ない理由がある場合に、その方に代わってお寺で供養いたします。

こんな方には永代供養をご推奨いたします

■配偶者、親、親戚、その他ご緑の方の遺骨をお持ちの方。
■お墓の承継者が無い方、ご先祖様のお墓がなくなることを心配をされる方。
■お墓には戒名を刻み、永代供養を望まれる方。
■「管理費・入壇料・会費・寄付」等に抵抗があり面倒であることを心配をされる方。
■都合により、お子様にお墓の後継を託せない方。
■相続人が無い方、配偶者の無い方、お子様がいない方。
■直系の承継者が無くなり、縁者の方、または傍系の方が代わり建墓を考えている。

永代供養に係るご質問、疑問等お気軽にお問い合わせください。迅速に、そして丁寧に対応させていただきます。

また、過去の宗旨・宗派は問いません。上記に当てはまり、かつ、お墓やご供養のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

 

墓苑(寿蔵苑)

特徴

善照寺の落ち着いた墓苑は全面南向きで、ひろく日本海を見下ろせる高台に位置しています。
お墓の間の通路はしっかりと整備されており、雨の日などでも足元を心配する必要はありません。
24時間開放しておりますので、お好きな時間に心安らかにお参りいただけます。

【アクセス】

善照寺の裏手の小高い丘に位置しております。
大きな地図で見る

【区画・金額】

A区画
一家墓地(永代使用料)

52区画を有する、善照寺専用の墓苑です。すべての区画が12㎡とゆったりとした広さです。

一区画40万円(檀家の場合20万円)
墓石、工事などは契約業者をご紹介いたします。金額やデザインなどは希望に合わせたものが可能です。

 

B区画
永代供養墓(埋葬料、永代供養料込)

墓苑内の永代供養墓(共同埋葬)で、観音様に見守っていただいております。

一霊30万円
二霊以上(夫婦、家族、先祖代々等)50万円

 

【駐車場、その他設備】

苑入口には駐車スペースがございますが、その他設備は設置してございません。
お寺が至近ですので、お寺にお立ちよりください。

お問い合わせは、フォーム入力、メール、お電話でお気軽にどうぞ。

【問い合わせ用フォーム】

こちらから

【メール】

こちらから
(メールソフトが起動します)

【お電話】

0257-45-3140

▲ページの先頭へ戻る