善照寺|真言宗豊山派|新潟県 刈羽・柏崎

本寺〒945-0304新潟県刈羽郡 刈羽村大字寺尾233 電話0257-45-3140メールmandarasan@zenshouji.or.jp 別院〒359-1164  埼玉県所沢市三ヶ島1丁目722-11 電話04-2949-8977

リンク

善照寺ブログ

まさか!こんなところから仏様が!!

2013 年 7 月 30 日

IMAG0729.jpg IMAG0731.jpg

「庭の草取りしてたらさぁ〜、べと(土)ん中に何か固いもんがあったすけ、掘ってみたら、お地蔵さんが出てきたてぇ。どうせばいいかのう?」

毎日お寺の境内を整備してくださっている小林さんです。すべて奉仕、善意で本尊様のためになさっています。頭が下がります。

私が外のお参りから帰ってくると、駆け寄ってきて、新潟弁で話しかけてこられました。手には小さな仏像が握られていました。この仏様の背中には厄除地蔵と彫られていました。

「きっと本尊様が、毎日一所懸命なあなたのその姿を見て、このお地蔵様を遣わしたんだよ。あなたを護るように遣わしたんだよ。」「きっとご利益があるから肌身離さず御守り下さい。」と、話しました。

小林さんの目には涙が光ったように見えました。私ももらい泣き!

ありますね!何かがありますね!
そこには確かな信仰心を感じました!

ブログ

これがお坊さんの修行です。

2013 年 7 月 30 日

IMAG0728.jpg

善照寺では、毎年春と夏に四度加行というお坊さんの修行を行います。これから僧侶になろうという人が必ず行わなければならない、最初の修行です。
30日の間、世間とは切り離されて、一所懸命に励みます。携帯!もちろんダメ。TVもなし。新聞も読めない。食事は精進料理。肉や魚をつかわず、五葷(ニンニク、アサツキ、ニラ、らっきょう、ネギ)も使いません。出汁も昆布だけ、鰹節はダメ。
本来お坊さんは常にこのような生活をしなければなりません。しかし時代に流されているのが、現実です。
私は幸い、年に二回、若いお坊さんたちと過ごすことが出来ます。お大師様に感謝します。

ブログ

この時期はおはなの持ちが………

2013 年 7 月 18 日

IMAG0717.jpg

毎日暑い日が続きます。新潟はまだ梅雨が明けないのでしょうか。
仏様にお供えするお花が、すぐに枯れてしまいます。
しかし、樒(しきみ)の枝を一緒に活けると、長持ちします。水も腐りません。樒には毒があるのだそうですす。枝、葉、花、果実、すべてが猛毒なのだそうです。
樒の花が、青蓮華ににているためお大師様が利用されたそうです。
独特な香りが私は好きです。

ブログ

関東地方のお檀家さんのお宅に棚参りをしています。それにしても………

2013 年 7 月 14 日

IMAG0695.jpg

こんなに車の少ない首都高は久しぶりです。所々に設置してある、渋滞を知らせるボードに、赤や黄色の表示がひとつも無いのは、初めて見ました!本当に一つも無いのです!
13日は、新潟で午前中に、四十九日忌の法要を済ませ、法類のお寺さんの施餓鬼に法話と職衆で参加、それから関越道で練馬まで一気に走り、親戚でお盆の棚参りをさせていただきました。
今日は朝5時半に所沢を出て、最初の檀家さん、藤沢市辻堂、次は川崎で2軒、また首都高に乗って、中央区月島、それから墨田区立花、最後に気合いを入れて埼玉県春日部で終わり。
とてもスムーズに回ることができました。
学生のこらからお参りをさせていただいてから、もうすぐ30年になります。一年に一度しかお会いできませんが、貴重な時間を過ごすことができました。
合掌

ブログ

団扇より扇風機? やっぱり…

2013 年 7 月 2 日

IMAG0672.jpg

今日は朝から地区の草刈りでした。久しぶりに体を動かしたので、汗が止まりません。
4時から檀家さんでお参りです。早めにあがって、シャワーを浴びて、着物に着替えました。汗が止まりません。
仏壇の前で読経。汗が止まりません。
隣で一緒にお参りしていた、お母さんが、私の顔に汗が流れ落ちるのをみかねて、団扇を、持ってきました。
読経が終わるまで、15分くらい、ずっと扇いでくれました。
おかげで汗が引きました。ありがとうございます。
お母さんの後ろには扇風機があります。ボタンを押せば自動的に涼しい風が流れてくるのに、なのにわざわざ団扇です。
扇風機だとロウソクの灯りが消えてしまうのです。
ロウソクを消さないように、風を加減しながら、心のこもった御接待だと思います。
「いいかげん」、ちょうどいい加減ですね。
合掌

ブログ

▲ページの先頭へ戻る