善照寺|真言宗豊山派|新潟県 刈羽・柏崎

本寺〒945-0304新潟県刈羽郡 刈羽村大字寺尾233 電話0257-45-3140メールmandarasan@zenshouji.or.jp 別院〒359-1164  埼玉県所沢市三ヶ島1丁目722-11 電話04-2949-8977

リンク

善照寺ブログ

まさしく!三つ子の魂百まで!

2013 年 2 月 17 日

shingon.jpg

先日、お通夜で、お檀家さんの自宅に伺いました。自宅でお葬式を出される方は 中越沖地震からもう四年以上たちますが、 これで二件目です。それ以外はすべて葬祭業者さんのホールで行われるようになりました。
ホールのほうが、家族も参列者も、そして何より僧侶も楽です。しかし楽になると言うことは、みんなそれぞれが何かを省略していたからではないでしょうか。
久しぶりにご自宅で、ゆっくり時間が流れるなか、お経を唱えることが出来ました。お参り、焼香される方々の息づかいを感じながらの読経でした。
私が最後に光明真言を唱え始めると、大きな声で、しっかりとした調子で一緒に唱える声が聞こえました。八十八歳で亡くなった故人の妹さんでした。新潟ではあまり珍しいことではありません。心のこもったおばあちゃんの声が、みんなの心を一つにして、供養することが出来ました。
終了後、そのおばあちゃんの息子さんが、私のそばに来て、お酒を注いでくれながら、お話されました。
「母のお経を初めて聞きました。びっくりしました。」その方のご宗旨は日蓮宗なので、光明真言も初めて聞いたとのことです。なぜ母は知っていたのでしょうかと不思議そうです。
おばあちゃんの実家は真言宗で、おそらく小さいころから馴染んだ、この光明真言を覚えていたのでしょう。と言うより体に刷り込まれたものだと思います。
昔は、お年寄りが子守りをしているときや、一緒にお風呂に入ったとき、あるいは布団の中で、小さい子どもに何度も何度も繰り返し唱えて教えたものです。
これが80歳を過ぎても、無意識に真言を唱えることに繋がっているのです。法悦を感じました。合掌

https://www.youtube.com/watch?v=2A3rP3iwllw&feature=youtube_gdata_player

ブログ

本日もとてもいい天気でした。本当に春が来たみたいです!

2013 年 2 月 5 日

IMAG0360.jpg IMAG0357.jpg

登り旗もご寄付いただき、寺尾子安地蔵尊、開眼なりました。
大勢の方から気軽にお参りいただきたいと思います。

ブログ

少し派手になりすぎました!

2013 年 2 月 1 日

IMAG0352.jpg IMAG0355.jpg

明治の頃の銅鑼、鐃と言います。今から三代まえの住職の頃のものです。真言宗では法要の中で音を鳴らして使用します。長い間玄関にぶら下がっていたので緑青が出て、青く錆び付いていました。先代住職が訪問者の為にチャイムとしてぶら下げていたものです。誰も叩く人はいませんでしたが!
きれいに錆を落としたら、とても上質な銅の材料で、錆もそれほど深くなかったので、リメイクして使用することにしました。
ゴールドのペイントスプレーで着色してみましたが、いささか派手なようです。

ブログ

▲ページの先頭へ戻る